Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

どんなときも

祈り。それは心を神に向ける行為。わたしの内側におられわたしを他から守ろうと、城壁のようになってくださっている方に思いを寄せること。それは、いつでも。それだけ「わたし」の中には無数の「あなた」がいて、わたしを惑わせようと発…

続きを読む

あなたはどちらですか。

世には二つの部類の人がいる。それは、豊かな人と貧しい人ではない。豊かな人とは、その人の良心と健康状態をまず知らなければならないから。謙遜な人と傲慢な人でもない。驕り高ぶっている人は人とは思えないから。幸せな人と不幸な人で…

続きを読む

革命

わたしたちの内面は古い習慣や言葉によって形成されている。それらが、「わたし」という古い世界観を形づくり、今のわたしを災いへ導く働きをする。その古い世界観に革命を起こさなければ幸いに至る道を見出すことはできない。静かで、平…

続きを読む

帰れ

今このままで尊いのは、ほかだれでもなくわたし自身なのに、自分だけがその事実に気づかない。関心がないのだ。なぜなら、長い間、奴隷のように守ってきた固定概念に執着しているから。「~すべき」ことは一つもないのに無数の律法を無意…

続きを読む

選択

全てのことには原因がある。わたしに起きてくるすべてのことは、そうなるようにした何かのことが原因で起きているのである。心に平安がない、体が疲れている、どこからきたのかわからない不快感、憎悪感、眠れない・・・すぐ近くでその理…

続きを読む

応答の力

午後からの大人たちの聖書の学びが終わって幼稚園の方を通ったとき、園丁で遊んでいた一人の園児から、「今日、聖書の話の時に一つ言うことを忘れたでしょう?」と言われた。何のことかと思いだそうとしていたら、「だって、いつもは前の…

続きを読む

心は体と一緒にいてこそ

コロナ禍の中でSNSが大きな役割を果たすようになり、便利ではあるが多忙でもある。師走の時期が近づくのを感じる。収穫物がまだ畑に残っているのに、働き手が足りなく途方にくれる地主の気持ち。心ばかりが四方へ出かけて行く。しかし…

続きを読む

心の平和と喜び

「澄みきった者になるためにわたしたちがしばしば内なる葛藤を体験せねばならないことを、キリストはよくご存知です。この内なる苦悩は、キリストへのわたしたちの愛を示しています。しかし、わたしたちの生は、絶え間ない苦悩のために呼…

続きを読む

平和と喜び

小さな束の中に平和と喜びを帯びている。今日も一家のお庭がごっそり牧師室に運ばれた。大きなもの、小さなもの、自分だけの色や香りが調和して平和を保ち、眺める人に喜びをくれる。これらと一緒にいる時間は、神の国の祝宴の場。ずっと…

続きを読む

愛が冷めるとき

神殿はいつ破壊されるのか。キリストの再臨の徴は何か。世の終わりの徴は何か。人々は外面的な徴に関心がある。しかしイエスは、悪がはびこるので、多くの人の愛が冷めるときを気を付けるようにと言う。わたしの内で愛が冷め、人々に対し…

続きを読む