Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

証人

子どもの成長ぶりは親にとって喜びそのものです。一つ一つのことができるようになると、天才かもしれないと錯覚をするほど、わが子の成長から生きる喜びをいただくのです。しかし、子どもが大きくなるにつれて、いい子になるように!勉強…

続きを読む

パリ、嘘つきな恋

年齢、障害、社会的な地位…すべての固定概念を崩す映画でした。          

続きを読む

教会

イエスがいて、人々がイエスの傍でみ言葉を聞き、マルタはもてなすための給仕をし、マリアは高価な香油を自分の髪の毛でイエスのお体に塗ることでナルドの香油をささげています。家中が香油の香で漂い、癒しの場にもなりました。このマル…

続きを読む

信頼の力

仕事が山積しているとき、人との関係が上手くいかないとき、体が病におかされるとき、私たちは、「早く!」、「正しい!」、「長さや短さ」のようなものの概念の中で解決しようとがんばります。次から次へ策を立て、自分が納得いくまで説…

続きを読む

光の中

自分のことが正しいと思い込みの中にいるときは、自分の意見の反対側にいる人のことを裁いてしまいます。そのとき湧き出でるのは、憎悪的なものばかりです。憎しい、別れたい、攻撃的な言葉で責めたい…結局、自分自身を苦しめ、関係を破…

続きを読む

逃れる道

もしも、わたしが試練のただ中にいると思うなら、それはキリストが共におられる証拠でしょう。キリスト者はキリストと共に歩もうとするとき、必ず試練に遭うからです。この世の歩み方とは異なる道にいますので、当然です。ですから、イエ…

続きを読む

愛すること 愛されること

与えられている仕事や人間関係を、素直な気持ちで受け入れて感謝できるときに、そこからは多くの実りがもたらされることでしょう。信仰も同じことと思います。イエスさまは私たちに愛することを教えてくださいました。本当の意味での愛を…

続きを読む

肉の衣を脱ぎ捨て

借りを作る生き方は、地に足を付けて立っていない状態です。私の思い通りに強引に相手やその状況を動かそうとすること、それが借りを作る状態です。借りたものはやがては必ず返さなければなりません。目にはうつらない帳簿に記されている…

続きを読む

一つになる

落ち着かずイライラしてるとき、忙しくばたばたしている時、必要以上の情報の量を受け止めているとき、その人はばらばらの状態です。こういう状態では、人の話を聞くことはできません。むしろ、自分がしゃべることを望みます。ずっと話し…

続きを読む

寄り添う方

空しくすべてが失われてゆくとき、まるで、すべての人と自分とは何の関係もないように思えるとき、どうして自分だけがこんな苦しみに出遭わなければならないだろうと嘆くとき、その時はわたしの人生の太陽が沈むとき。太陽が沈むとき、沈…

続きを読む