Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

告白

ヘッセは、 「私の友だちは、故郷をもたない風など」という そうか!風は故郷を持たないのか だからこんなにも気ままで自由に 常に活き活きと吹いてくるのか どこから来てどこへ行くのかを知らない イエスは、ご自分のことを風に喩…

続きを読む

広島の日

高原にいるような涼しい朝 人が造ったものによって命を奪われ 後遺症に苦しむ人々に思いを寄せる 二度と同じようなことが起きてはならない 今住んでいる大地が自分のものではなく借地で 自分はただの旅人にすぎないことに気づくなら…

続きを読む

雨の日

一息置くようにと 雨が雷と一緒にやってきた 雨が降れば 朝夕、植物たちに水をあげなくてもいい 朝の散歩で境川沿いを堂々と歩けて 雲に守られて庭の草取りも安心してでき 時間の流れも、ゆったりと感じる   現代人は…

続きを読む

ジュニアユース

関東地区ジュニアユースの集まり 17名が参加 教会でお祈りをしてから海岸の海の家へ バーベキューと海での遊びとゲーム 子どもたちにとって最高のとき 海風が熱さを吹っ飛ばしてくれるから 猛暑の中でも海の家は涼しい ネギを丸…

続きを読む

獣の奏者

「獣の奏者」(髙橋菜穂子著) 長い間、信徒の方から借りていて なかなか読む時間がなくて返せなかった本 この週、時間の余裕ができたので一気に読んだ 前、同著者の「鹿の王」と同様 心がとらわれてほかのことが考えられないくらい…

続きを読む

逃れの町

暑さに弱いものもいれば 暑さを必要としているものもいる この暑さがなければ 一生涯花を咲かすことができないものがいる 共存するということは 互いの違いを認め合い そして向かい合うこと 心を開くこと 熱いだろうな 海は あ…

続きを読む

感謝

雨と雷 少し怖かったけれど 暑さを和らげてくれたからゆるそう きっと、怖くてベッドの下にもぐっていた猫も もういいよ!と、忘れてくれる 大地はたくさんの水分をいただいて 緑を生やすのに夏ばてしないで済む どうか、この雨で…

続きを読む

誕生

夏の海 昨日は恐怖に煽られて茶色だったのに 風が凪になるとお空と同じ色を戻した 富士山も雲が穏やかに流れることに協力し すべてが創造者を賛美している。 私もその一部。 生きてなくものの美しさよ この世に亘って 深い寂しさ…

続きを読む

幸せ

幸福を買いにゆくのに 買い物籠なんかいりませんよ 幸福は 素手で持ってくるに限る! (朝日新聞「折々のことば」7月23日より) そう、今朝は自分がつくった上の風景に宿る幸せを見た。 何とも言えない田舎の素朴さが、あの一枚…

続きを読む

マグダラのマリア

(ピエロ・ディ・コジモ作 1490) 今日はマグダラのマリアの日 誰よりも最後まで主の傍に付き添い 十字架のもとにて主の死を目撃し 主の復活の姿に出会った女性 多くの人は彼女を娼婦と言う 聖書のどこにも彼女が娼婦だった記…

続きを読む