Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

愛することこそ

肉の良く、目の欲、見栄えを張った生活・・・わたしたちは、でどれだけの時間をこれらの欲望の奴隷として過ごしているでしょうか。気づかないうちにお腹の空腹と相談して食べ物を求め、舌の味わいによって食物の良し悪しを評価し、ブラン…

続きを読む

神の家の庭に居並ぶ人

神の家。そこは、神は愛でおられる故に、愛のただ中です。互いが愛し合うそこに神はおられるのです。しかし、どうやって私たちは愛し続けることができるでしょうか。一つの家で何年、何十年一緒に暮らしている家族のこと、職場の人、出会…

続きを読む

歓喜と勝利の声

正しい人の天幕。それはどこなのでしょうか。不平不満を言わずにまじめに神さまと人のために奉仕する人のところでしょうか。立派な説教をし人々の心を捉え、大勢の人を神さまのところに導く人のところでしょうか。貧しい人や虐げられてい…

続きを読む

心の平和と喜び

恐れや不安、これはこの世が与えるものです。聖書には「恐れるな」という言葉が365回出てきます。それだけ人間の日々は恐れとともに生きているということでしょう。この世の様々なことは私たちを不安と恐れの中へ陥っていきます。「恐…

続きを読む

成し遂げられた

                  主の受苦日 聖金曜日      2021年4月2日(金) ヨハネによる福音書19章17~30節 成し遂げられた 「兵士たちは、イエスを十字架につけてから、その服を取り、四つに分け、各自…

続きを読む

光の子

光を信じるためには自分が闇の中にいる状態に気づかなければなりません。自分が光の中にいると思い、光だと思っているものにすがっている限り、真の光を見ることはできないのです。富や権力、地位や名誉、そして健康さえも信じる対象にな…

続きを読む

嫉妬

良いと思うような関心が他に注がれる時に、その「他」に対して嫉妬するようになります。自分に向けられていたと思っていたのにそうではなく、他へ注がれてしまったのです。その嫉妬の力はとても強く、人を傷つけ、状況を壊し、関係を切り…

続きを読む

謙遜

他者と心を合わせること、思いを一つにできるということは、自分自身のことを大切にしているときにのみ可能なことと思います。自分のことはないがしろにして、他者の世話をするために自分を犠牲にしているという思いの中で関わっていると…

続きを読む

恵み

生きることは恵みです。キリストに出会うということは、生きることが神の恵みであること、神の恵みによって生きることが、本当の意味で生きることであることを知るためです。しかし、私たちは、生きること以外のことを生きる目標と定める…

続きを読む

沈黙

沈黙はもう一つの言葉。神は沈黙ということばの中に顕現されます。それゆえ、沈黙とは神のことばです。人間の言葉の力がすべて失われたところ。人間のありとあらゆる弁解や正当化、数えきれないほどの考え、甘い言葉さえも力を失せたとき…

続きを読む