Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

クリスマスとわたし

「わたし」って誰?と問いかけたくなる時がある。特に師走の季節を迎えると、我失うほど忙しく動いていると、本当の自分が誰なのか忘れる。けれども、その日に存在した者が自分である。そんなはずではなかったと消したくなる行動や発言を…

続きを読む

出身地

人々は出身地や出身大学、親の名声などを訪ねる。それらを重んじているから。聖家族になったヨセフの仕事は大工。マリアは田舎のナザレという小さな村出身で無名の大工の妻。彼らに、人間的に誇れるものは何もない。彼らが神によってイエ…

続きを読む

純粋に

人や組織に雇われた者として、どれだけ馬小屋の救い主の道を伝えることができるだろう。雇われている分だけ報酬は保証されているとしたら、本当に体を丸出しして低く降る方を伝えることができるだろうか。むしろ、こういう状況の中にいる…

続きを読む

信じること

この時期になると、特に神社の前に飾られている多くの人の願い事の紙がつるされている光景を見る。以前、若い頃、韓国の教会の青年会のサマーキャンプで、みんなで書いた願いことを十字架に貼り付けて祈り、それを燃やしてキャンプファイ…

続きを読む

冒険

アドベント、冒険する季節。心の扉の一つ、もう一つを外へ向けて開く季節である。開いたことのない扉を開くことで初めて見えてくるものがある。最も良いものを携えた人が、みすぼらしい姿をして私の先を歩いていることを。わたしを怒らせ…

続きを読む

自由

この世に存在するものを基盤にして信仰を組みだてることはできない。存在するものは必ず変わるから。知識的神学をベースに信仰を組みだてることも難しい。それらも時代と共に変化するから。キリスト者は、自分に与えられた賜物を信じ、そ…

続きを読む

断捨離

拒絶。家の扉を閉じる。心の扉を閉じる。ありのままの存在を拒絶されて育った人は、心の開き方がわからない。家の扉を他者に対しての開くことに抵抗する。子どもを育てる親も、多くの弱さを抱えているために、わが子の弱さを受け入れるこ…

続きを読む

キリスト者になる

信じて従うということ。これは、一つの宗教に身を置くことを意味するのではない。キリスト者とは、イエス・キリストが人間であり同時に神的存在であったように、自分も同じくなることである。キリストがマリアから生まれたように私も新し…

続きを読む

今、ここを生きる

コロナの拡散によってこの冬はいつの冬より辛い日々かもしれない。このような状況を早く終わらして以前の平凡な日常を取り戻したいと強く願うけれども、以前は本当に幸せな日々だったのだろうか。その時はその時で他の日々を望み、こんな…

続きを読む

キリストの真実

人にばれないように陰で何かをするときがあるが、人は騙せても自分を騙すことはできない。しかし、それが、富にはできる。神を信じていると思い込んでいる自分が、実は富の魅力に心が奪われている状態に気づいていない。自分が自分を騙し…

続きを読む