Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

孤児ではない

幼稚園の4月は、子どもたちにとって希望の場であり、お母さんから離れなければならない悲しみの場でもあります。お母さんの暖かい懐を離れなければならない悔しい涙と、新しい世界での多くの友達や先生たちとの出会える希望の場なのです…

続きを読む

キリストの心を生きる

偏見と偽り。人の心の中からこれらが除かれたらどんなに平和な世界になるのだろうと思います。しかし残念ながら、私をはじめすべての人は偏見と偽りのかたまりと言ってもいいほど、それらを基盤として生きています。民族間の優劣争い、絶…

続きを読む

謙遜な貧しさ

「大地は人間が共有するもので、それはすべての人のために創造されたのです。自然は金持ちと縁がありません。自然が人間にもたらすもの、それは唯一謙遜な貧しさです。自分の所有するものを貧しい人々に与えるのではありません。貧しい人…

続きを読む

王権は主のもとに

一つの国を治めるために選ばれた人には「王権」が与えられます。王様であることを表すもっとも強い力です。その「王権」が私たち一人一人にも与えられています。というのは、私たち一人一人は一つの国なのです。自分の王国をもっているの…

続きを読む

愛という赦し

「親から一度も愛されたことがない」とか「誰からも愛されていない」とか、「愛することがわからない」と言う人がいます。本当にそうでしょうか。愛することは赦すことなのです。つまり、私たち一人一人は、生きるためにすべてのことにお…

続きを読む

外見ではない

何をしても多くの失敗を残すとき、人が知っている情報や知識より自分は乏しいと思とき、人より立派な仕事についていないと思うとき、私たちは劣等感に陥りやすいです。しかし、神さまは外見や能力的なところを見ておられるのではなく、そ…

続きを読む

妥協するとき

妥協をするときがあります。疲れているとき、思うように物事が進まないとき、進む道を見失ったとき、迷っているとき・・・そのときには思い切りこの世の力に甘んじて休んでいいのではないでしょうか。どんな場合も信仰を貫こうとするよう…

続きを読む

知恵に生きる

知恵、それは愛の行い。一つ一つのことを、ただ愛する行いの中に知恵はあるのです。知恵のある人は、悪人に立ち向かいません。悪人の先を行きます。誰かが自分を騙し取ろうとして大切なものを奪われたとき、その人に立ち向かうことなく、…

続きを読む

新しい言葉

私たちの中には、自分でもどうすることも出来ないもう一人の「わたし」がいます。状況が自分の思うように進まないときに、その「わたし」は自分と他の関係を切り離すような動き方をし始めます。暗闇の中に自分をどんどん追い込んでゆくの…

続きを読む

幸せになる権利

幸せになるために条件を付けるときがあります。経済的な豊かさ、親切な友だち、優しい両親、従順な子ども、人に勝る才能や人気・・・これらのことが条件になっている限り、私たちは本当の幸せを味わうことは出来ません。貧しくても、友達…

続きを読む