Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

感謝する日

自分が思いが貫かれないときがあります。ほとんどが思うようにいかない日々が多いかもしれません。そして人生の計画の最大のことが思い通りに進まなかったときに、失敗したと落胆し、生きることに疑いをもつことさえあります。しかし、私…

続きを読む

陰ではなくキリストの前で

人にもう一人の人のことを話すときがあります。それが話題にあがっている人にとって良いことであれば罪責感はありません。むしろ良いことをしているような思いさえもちます。しかし、どんなに誉めことであっても、そこにいない人のことを…

続きを読む

精神的な愛 霊的な愛

人間の心から生じる「精神的な愛」は、自分自身のために他者を愛するが、「霊的な愛」は、キリストのために他者を愛する。「精神的な愛」は、他者との直接的なふれあいを求め、他者を「自由をもつ者」としてではなく、「自分につながれて…

続きを読む

三つの賜物

「平安」、「喜び」、「信仰」。この三つの賜物を、弟子たちを離れるイエスさまは弟子たちに与えてくださいました。それは、イエスを主と信じる今の私たちの共同体の中に、この三つの賜物が与えられているということです。   この世が…

続きを読む

愛する

5月は鶯が恋をする月だそうです。恋の相手を呼ぶ鳴き声に変わるので、4月の鳴き声と5月の鳴き声は異なると言うのです。私の父は、毎年鶯が泣き始めて春を迎えると、あれは「ひめ」を呼んでいると言って、私の名前を入れて鶯の鳴き真似…

続きを読む

安らぎの源

同じ母から生まれた子どもでもみなそれぞれ違います。双子として生まれても顔つきや性格が異なるのです。それは、そうでなければならないからです。互いが異なることによって人間の子孫は絶えず繫栄してきました。しかし、異なる一人一人…

続きを読む

渇き

大勢の中にいても寂しい時があります。渇きが満たされていないからです。しかし、一人でいても満たされた思いで過ごすときがあります。深いところの渇きは、誰かが私と一緒にいてくれるかではなく、私が誰かと一緒にいることによって癒さ…

続きを読む

永遠

いずれかは朽ちるべきものが朽ちないものをいただいているということ。私たちはいずれかは必ず死にます。だれも永遠に生きる者はいません。しかし、必ず死ぬべき私の中に、永遠のものが与えられているということです。それは命、永遠に死…

続きを読む

弁護者

イエスさまに従う人生を生きるためには、助けが必要です。自分だけではどうにもならないのです。自分たちの力だけで前に進むことは難しいのです。イエスさまは、その私たちに聖霊を送ってくださることを約束してくださいました。その聖霊…

続きを読む

信頼の旅路

イスラエル十二部族の中のレビ族は、神殿の中で聖務を担うようにされ、土地も財産も与えられませんでした。レビ族の生活は他の部族の捧げものによって営まれます。私たちキリスト者も、この世の中でレビ族のような働きを担うようにして、…

続きを読む