Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

実り

プラム。幼稚園の駐輪場の隅っこで、いつ花を咲かせて実り、いつこんなに色づくまで大きくなったのだろう。どうやってこんなにきれいな色どりができたのだろう。自慢することも、他の木々に威張ることもなく、そっと、果たすべきことをす…

続きを読む

憩いの場

初めて新林公園を訪ねた日、ここに座って休んでいた老夫婦が私に座るように勧めてくれた。座ったばかりの様子だったのに、どうぞ!と。もちろん遠慮したけれど、道を教えていただいた。この憩いの場も、あの日の老夫婦のように、長い間そ…

続きを読む

癒しの時

梅雨に入り、内側の天気も一段落ちた気がします。早く起き上がれない、行動が鈍い、食欲がない、人と会うのもできれば避けたい・・・無理に立ち直ろうとしないで、そのままでいいのではないかと思います。ゆっくり動いて、ゆっくり味わい…

続きを読む

知るということ

子どもだった時に、大人の身勝手な振る舞いによって、知らない内に傷つけられている大人が大勢います。そして自分も知らない内に子どもを傷つけています。この悪のサイクルから抜け出るためには、今、自分が何をしているのか、何を感じて…

続きを読む

渇き

イエス、すべての愛する者の愛、人に寄り添うあなたの深い憐れみには限りがありません。わたしたちはあなたに渇き、そのあなたはわたしたちにこう告げておられるのです。「なぜ怖がるのか。わたしはここにいる。恐れることはない」と(B…

続きを読む

神の深み

新しい一日の始まり。与えられたときの中でわたしたちはどうやって神の創造と愛の包みと救いを経験することができるでしょうか。それは、一つ一つ起きていることをじっと見つめること、一つのことの変化を観察すること、心の微細な動きに…

続きを読む

秘密

誰にでも秘密があります。そして多くの人は、秘密はよくないものと理解しています。しかし、秘密がある場所は、私たちがしっかりと根を下ろして生きるための掛け替えのない場所です。木が大きく成長するためには見えない土の中に深く根を…

続きを読む

感謝する日

自分が思いが貫かれないときがあります。ほとんどが思うようにいかない日々が多いかもしれません。そして人生の計画の最大のことが思い通りに進まなかったときに、失敗したと落胆し、生きることに疑いをもつことさえあります。しかし、私…

続きを読む

陰ではなくキリストの前で

人にもう一人の人のことを話すときがあります。それが話題にあがっている人にとって良いことであれば罪責感はありません。むしろ良いことをしているような思いさえもちます。しかし、どんなに誉めことであっても、そこにいない人のことを…

続きを読む

精神的な愛 霊的な愛

人間の心から生じる「精神的な愛」は、自分自身のために他者を愛するが、「霊的な愛」は、キリストのために他者を愛する。「精神的な愛」は、他者との直接的なふれあいを求め、他者を「自由をもつ者」としてではなく、「自分につながれて…

続きを読む