Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

感謝

天に向かって幸せを願ったら 感謝を学ぶように!と言われた。 今自分にあるものに感謝できる人が 幸せを手に入れる。 今自分にないものまで感謝できる人は 天を得たほど豊かな人。 感謝は闇を光に変え ないものをあるものにし 軽…

続きを読む

自分探し

自分の正しさの中に留まるとき、 それは暗闇の中にいるとき。 暗闇から救われるというのは、 自分から抜け出るということ。 何度脱皮し、正しい自分と別れれば 本当の自分に出会えるのだろう。 今日も本当の自分に出会うための巡礼…

続きを読む

巡礼

人生は選ぶのではなく生きるもの。 仕事が人生であると思って生きていたときがあった。 しかし、仕事をすることと人生を生きることは違うこと。 今、自分はどの時点を歩いているのだろう。 人生の巡礼地、自分の道から外れていたりは…

続きを読む

仲間

同じ畑から芽を出して育ったのに、みんな違う。 ひょろひょろのものもいれば、図太いものがいて 自己主張の強いものがいれば、従順に従うものがいる。 おしゃべりが好きなもの、寡黙で微笑んでばかりいるもの みんな違うけれど、みん…

続きを読む

祈り

無き道をつくろうと逆風の中を生きていたとき その私の心の支えになった数人の中の一人 アウンサンスーチー氏。 権力に逆らって民衆運動を指導し、 多くの若者に希望を与えた人。 彼女は自署「新ビルマからの手紙」でこう言う。 「…

続きを読む

知恵

1月の最後の日 多くのことが計画され それらはこれから実行される。 重荷のようにではなく 喜びの実りを残すためには 見極めるための知恵が必要。 どんなに小さなことでも 一人でできることはなく みんなで力を合わせてこそ 喜…

続きを読む

仲間

仲間が増えた 古いラケットを直しに行った所で 新しいラケットを購入し、 ラケットは二本。 ラケットの仲間が増えた。 優しく迎えてくださるテニスの仲間たちに囲まれて 何度かゲームをやっているうちに気づくこと。 私って、自分…

続きを読む

アネモネ

花屋で久しぶりにアネモネに出会った アネモネは人の顔をしている それぞれ異なる色の大きな笑顔 だからアネモネを見つけるとすぐ買いたくなる 部屋がとても明るくなった (風と私) 海岸で出会った風が 私の心の内相話を 水平線…

続きを読む

風邪を引かないように~

昨日の強風はどこへ行ったのだろう。 冷え込んで透き通った夜空に 三日月が星をつれて登ってきた 月と星は服を着なくて寒くないのかな 三日月のくしゃみが聞こえるような夜 「God bless you」と応えて 神さまが暖かく…

続きを読む

光りの子

願いが適えられたとき、どうして?と驚くときがある。 確かに、そうあってほしいと願ったけれども、 それが現実となってくると不思議で仕方なく、 驚いてしまうのである。それは、誰か、 願う人の心の中をスキャンしている、というこ…

続きを読む