Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

幸せ

多くの人は幸せになるために頑張って仕事をしてお金をためる。 または、成功すれば、そこで幸せは待っていると考える。 しかし、お金があって成功したら幸せになれるのだろうか。 本当にそうであれば、世界は幸せで満ちているはず。 …

続きを読む

創造

私は古いものが好きであるけれども 命をを生み出さなくなった古いものは あまり好まないかもしれない。 神さまに造られた人間をはじめ、すべての被造物は、 どんなに歳を取って腰が曲がって、そして病気になっても 新しい命を生み出…

続きを読む

先が見えない階段の道、 まるで私たちの人生の道のよう。 先が見えない道を、結構、必死に歩いてきた。 時々、不安がったり恐れたり、挫折したり、 諦めてしまいたいと思ったときもあった。 それでも歩きつづけてきた。 これからも…

続きを読む

禅的ライフスタイル

今、ここに、意識を向ける 玄関で靴を脱いだら いったん座ってきちんとそろえる。 食事の際には口に含んだ食べ物を ゆっくりとかみしめる。 目の前の出来事に意識を向け、 丁寧な行動をし続けていると、 心が整い、平穏に生きられ…

続きを読む

強さ

本当の強さとは 敵を愛すること。 本当に強い人とは、 敵を友達にできる人のこと。 その強さを身に付けて生きる、 そのために宗教は人に寄り添うもの。     人の苦しみを和らげること、 それは福音の中心…

続きを読む

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。 新しい始まりが次の始まりへつながる 祝福された一年になりますように祈ります。 夢と希望は空の上に高く、高くあげて 足はちゃんと地について歩く、歩き続ける 方々から戦争の話や地震の知…

続きを読む

慕う

お月様がどんどん満ちてくる。 お月様が満ちる時期は心が豊かになるような気がする。 体も太りやすくなるらしい。 お月様がはっきり見えて、 星々が輝いている済んだ夜空を いつまでも愛する心でいられますように。   …

続きを読む

あと二日

50代の最後の年があと二日を残した。 年末のカウントダウンをしないつもりが こうして残りを数えている。 10年間、いろんなことがあった。 女性としての体の大きな変化と、 大宮から鵠沼へ移ってきたこと、 最後の年に巡り会っ…

続きを読む

平穏こそ

今日は殉教者ステッファノの日。 ステッファノは正しいことを言ったために 宗教指導者たちの憎しみを得て石打ち刑にされた。 イエスさまと同様である。 人は、正しいことではなく、 自分が聞きたいことを聞きたがる。 聞きたくない…

続きを読む

富士山

ルターハウスの舎監室のベランダから眺める西の方角。 たった一晩離れるだけなのに、神川の藤沢の鵠沼を懐かしむ。 その私に雪かぶった姿で依然として立っている富士山は 「変わることなくあなたの帰りを待っている」と語りかけてくる…

続きを読む