Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

神の子

「網の目に風溜まらず」ということわざがある。 報われもしないことに情熱を注ぐという意味。 それは、神さまが私に対して愛することを止めない姿。 どんなに愛を注いでくださっても、それに気づかない自分。 それでも、神さまは愛す…

続きを読む

幸いな者

人はみな悩みがある。 悩みのない人はいない。 今日出あった一人一人もみな悩みをもっていた。 そしてみな、その悩みから解放されたいと思っている。 本当は、悩みのすぐ裏側に安心できる平安があるのに、 私も悩みに陥っている時は…

続きを読む

ご苦労さま!

聖書通読、 今日、新約聖書が読み終わった! 順調について呼んでこられた方、ご苦労さまです。 もし、できなかったと悔いておられる方、 これからでも遅くありません。 いっしょにがんばって読みましょう。 始めるときがいちばん早…

続きを読む

心の扉

心がノックされている音が聞こえない。 あれこれと雑音に紛らわされて、ずっと遠い、 どこか違う人の、知らない人の家をノックして いるような音としてしか聞こえない。 ノックしているのは最も近くにいる家族だったり、 毎日一緒に…

続きを読む

回心

お金「富」は人の頭をどんどん固くさせる。 「概念」も人の頭を固くさせる。 ~主義的イデオロギーも人の頭を固くさせる。 これらは子どもにはないもの。 子どものようにならなければ、柔らかい頭にはならない。 子どものようになっ…

続きを読む

今を生きる

時間がある時はだらだらしてするべきことを後回しする。 時間があるからと思っているからだ。 忙しいときこそ、仕事ははかどる。 全身の筋肉がやせて、力がなくなっていく病気(ALS)を患っている知人が、 いつ病院に呼び戻される…

続きを読む

さ迷っていい

人生の海にいると方角がわからなくなることがある。 それは、地図を持たされていないから当たり前のこと。 羅針盤もないからさ迷っていい。 さ迷っているからと言って道を失ったのではない。 自分の道を見つけるまで、探しつづけてさ…

続きを読む

共感

台風が去り、天気は一気に十月のようになった。 涼しくなれば、遠くなっていた本が友達のように近寄ってくる。 読書の季節! 今年の秋はどんな本を熟読しようか。 思うだけでわくわくする。 自分の弱さや悩みが、本の中に、 作家が…

続きを読む

七転び八起き

『平和』であるとか、『平穏』であることの幸い。 それはどういう人の姿を言うのだろう。 それは、何度敗れても再び立ち直ってトライする人の姿、 何度恥を受けても、その心を神に向かって開き続ける人の姿、 願いが適えられなくても…

続きを読む

まったり いこっ

日めくりカレンダー ある高校生たちの作品 これから一ヶ月間続く。 純粋で、あるがままの心の現われ たった一言なのに 数千字を越える自分の説教原稿より 魂を揺さぶられる。     新しいものを求めている…

続きを読む