Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

恵みの雨

続く暑さの最中に降る雨は砂漠の旅人にオアシスと同じ。 乾いた大地や作物はどんなに喜んだことだろう。 私の渇いた心にも恵みの雨が降りますように祈る。 愛する畑になって、どんな小さなことでも愛おしみ 厳しい日照りの中でも実り…

続きを読む

三日月

昨日はきれいに見えていた三日月が 今日は雲に隠れて全く見えない。 三日月のように小さく天真爛漫なときが 昨日のように鮮明に記憶にあるのに 瞬く間に六十の棘を超え、 どのように死を迎えるかを悩んでいる。 人の一生涯はこんな…

続きを読む

善と悪

何が善で、何が悪なのだろう。 貧しい人の人の必要に関心をもって 助けての手を差し伸べることは善である。 それは、誰もが知っている。 貧しい人のものを奪い取ったり 社会的に弱い人々の立場を利用して 自分の目的を達成しようと…

続きを読む

海からあげられた大魚に執着する烏。 つついていて食べるのに必死であるのを見たのに、 私が近づくと離れて、まるで関係のないような顔をする。 ずるいのは、人間だけでなく、烏も。 それは、被造物すべてが持っている特別な感覚なの…

続きを読む

自由

体の部分部分が欠けていく。 目、耳、歯、腰、足、膝…そして記憶! 欠ける一方で新しく生まれるものはない。 それどころか、わがままや欲望が頑固になってきた。 肉体の衰えに内面の変化のバランスを合わせられない。 しかし、「仕…

続きを読む

聖トマスの日

今日は聖トマスの記念日。 彼は疑う人の代表として表されている。 復活した主の手に釘の跡を見、 自分の指を釘の跡に入れてみなければ決して信じないと言って、 主の復活を証言する弟子たちの言葉を打ち消す。 きっと彼は、強い確信…

続きを読む

けち

教会のミニバザーで、 バングラデシュの品物を売っていただいたお金(13,300円)を 井戸ばた基金の口座に送ろうとしたら、 硬貨代(3千3百円)が110円かかると言う。 もったいないと思って自分の口座から同金額を送り、 …

続きを読む

信頼

知恵のある人とはあらゆる状況の中で学ぶ人。 それが自分にとって不利な状況であっても そこから学ぼうとする人は優れた知恵の持ち主。 強い人とは自分勝てる人。 自分が足りない者であることを知り、 自分自身と約束したことを守る…

続きを読む

難民の日

6月20日、今日は世界難民の日 故郷を追われた多くの人が世界各地に散らされ 受け入れてもらえないままさ迷っている。 聖書は、旅人を受け入れてもてなすように勧める。 イエスさまもかつては難民としてエジプトに下り、 転々とし…

続きを読む

共同性

共に生きる道のりでは、時々、 立てた計画が変更になるときがある。 それは、群れの誰かの都合によって変えられるが、 それをその人の責任にしてはならない。 私も誰かにとっては都合の悪い一人なのかもしれなければ、 いつそうなる…

続きを読む