Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

変化

季節の変わり目、 人の心も不安定になる。 自分が全てから切り離されてしまうようで、 理由もなく厚く信頼を置いている人を疑い、 仕事も、人間関係も、ネガティブに向き合ってしまう。 未知の世界、新しい始まりを恐れているのだ。…

続きを読む

ゆるし

コロナのワクチンに関して、 大きく二つの考え方に分けられた。 ワクチン推進側とワクチン反対側。 どちらもそれらしき言い分を持っていて、 互いを責め合うような言葉が至る所で聞こえる。 しかし、互いの違いを楽しみ合うというこ…

続きを読む

止まってこそ

止まってこそ見えるものがある。 時間とスケジュールに追われるときには見えなかった それが、止まったときに見えてくる。 止まることは、一息つくときでもあり、 新しい始まりへとつながるときでもある。 自分にとっていちばんふさ…

続きを読む

自分らしく

自分らしい自分って考えたことありますか。 私は、いつも戸惑ってしまいます。 母に合わせて、兄に合わせて、 誰かに合わせて生きて来たからです。 あるとき、誰にも合わせなくてもいいことがわかったとき、 ほんとうの自由を味わい…

続きを読む

私は何者?

詩編8篇に心を捕らわれ 今日は一日詩編8篇と過ごした。 人って何もの? 自分は何者? どれが本当の自分? 私の中にたくさんの私がいる だから、いろいろないのがおかしい。 私は何者か? 人々はよく私に言う。 困難な中でも平…

続きを読む

一息

たまには一息しようではないか。 競争社会の中で時間に追われ、 人にどう見られているかを常に意識し、 空気が抜けたタイヤのようになった自分に、 新鮮な空気を入れてあげよう。 スマホのスイッチを切って、 あたまのスイッチも切…

続きを読む

分かち合いは割り算

私に与えられた賜物を隣人と分かち合う 私が好きな食べ物を、空腹の人と分かち合う 私が欲しかったものを、貧しい人々と分かち合う 私自身をそのまま大きな力に委ねてしまう。 そのときに、 私の空腹がが満たされ、 私の欲望が幸い…

続きを読む

祈りは引き算

足すことと引くことがバランスよくあるとき その人の中には幸いが宿る。 医学的には、 交感神経と副交感神経が仲良く、 自律神経が安心して、平安の中に働くこと。 そのとき、その人は、 周りの人にも肯定のエネルギーを分かち合え…

続きを読む

本気

  早い朝、窓からそっと入ってきて香るキンモクセイの香り、 招いたわけでもなく、欲しいと思ったこともない。 しかし、その香りに、私は癒されて、朝の心は満腹。 さりげなく静かに入ってきて、人の人の五感を刺激し、 …

続きを読む

徹夜

9月の最後の日。 今月、すべきことはしたのだろうか。 してはならないことをしたりはしなかったのだろうか。 もし、おろそかにしたこと、やり残したことがあるなら、 今晩こそ、やり直しの最後のチャンス! 今晩は徹夜だ! 久しぶ…

続きを読む