Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

エバーフレッシュ

家族が増えた。 エバーフレッシュ。 以前から気にかけていたのを、 神学生が背中を押してくれたので手に入れた。 窓から入る太陽のエネルギーをたくさん受けて 他の仲間たちと仲良く大きくなって、 室内をフレッシュしてくれるよう…

続きを読む

変化

季節の変わり目 まだ暑さを感じて夏気分なのに 体はしっかり変わり目を意識して 原因不明の痛みを出している。 この体に付き合うしかないが、 老化への戸惑いが、尾を引く。 それでも、今が人生で一番若いとき!   &…

続きを読む

この頃、毎晩夢を見る。 決していい夢ではない。 自分の魂が濁っていることがわかる。 乱れているという感覚はないのに、 無意識が感じ取るのは異なるようだ。 最高気温が30度以下になった。 何か月ぶりのことだろう。 やっと秋…

続きを読む

新しさ

昨日と全く違う一日が始まった。 毎朝同じ時間帯に昇る太陽は、 昨日海の向こうから沈んだその太陽ではない。 全く新しい太陽である。 新しさに気づくことは 霊をもって生きる人が命をいただくようなこと。 しかし、人ではなく機械…

続きを読む

生涯の牧者

若かったときのヤコブは 兄のエサウから長子の権利を奪い、 逃げた地で、好きな女性と結婚するために20年も働いた。 その結果、やむを得ずほかに三人を妻として迎える羽目になり 聖書の中でもっとも波乱万丈な人生を生きた中の一人…

続きを読む

iPhone12

早いことに、クリスマスプレゼントが届いた。 いくらスピーディーの時代といえども、 クリスマスプレゼントは早い! しかし、確かに、iPhone12が手元にある。 このことは、 ちゃんと遠方の方々とコミュインケーションを取る…

続きを読む

季節感

朝晩は少しは涼しいけれども、まだ暑い! 夏の暑さなのか、残暑なのか、わからない。 とっくに秋の風が吹く頃なのに… 「季節が奪われた」という思いがする。 ある人は、 「季節のものがウマイのは、 人間が季節の中にいるからであ…

続きを読む

良心

紙でひな型を作った6千6百6十1人を火葬し、天に送った。 関東大震災で虐殺された在日朝鮮人である。 仏教式でも、シャーマンのやり方でもなく、 韓国の伝統的なやり方で行われた。 募り募った不平不満も一緒に燃やされた。 他人…

続きを読む

目を覚ます

知らないうちに自分のことを正しい人の群れから探そうとし、 色々のところで自分の正しさを主張している自分に気づく。 暗闇の中を歩くことは、こうした自分の中を歩くということ。 一言で言えば、自己中! ある方が私に言ってくださ…

続きを読む

限界

誰かと一緒に一つのことをすることが、 どんなに大変なことかを再び知らされる。 理由の一つに、文化の違いが結構大きい。 国境を越えれば、私が白と認識していることが、 白とは言えない生活圏なのかもしれない。 その違いが争いや…

続きを読む