Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

今を生きる

時間がある時はだらだらしてするべきことを後回しする。 時間があるからと思っているからだ。 忙しいときこそ、仕事ははかどる。 全身の筋肉がやせて、力がなくなっていく病気(ALS)を患っている知人が、 いつ病院に呼び戻される…

続きを読む

さ迷っていい

人生の海にいると方角がわからなくなることがある。 それは、地図を持たされていないから当たり前のこと。 羅針盤もないからさ迷っていい。 さ迷っているからと言って道を失ったのではない。 自分の道を見つけるまで、探しつづけてさ…

続きを読む

共感

台風が去り、天気は一気に十月のようになった。 涼しくなれば、遠くなっていた本が友達のように近寄ってくる。 読書の季節! 今年の秋はどんな本を熟読しようか。 思うだけでわくわくする。 自分の弱さや悩みが、本の中に、 作家が…

続きを読む

七転び八起き

『平和』であるとか、『平穏』であることの幸い。 それはどういう人の姿を言うのだろう。 それは、何度敗れても再び立ち直ってトライする人の姿、 何度恥を受けても、その心を神に向かって開き続ける人の姿、 願いが適えられなくても…

続きを読む

まったり いこっ

日めくりカレンダー ある高校生たちの作品 これから一ヶ月間続く。 純粋で、あるがままの心の現われ たった一言なのに 数千字を越える自分の説教原稿より 魂を揺さぶられる。     新しいものを求めている…

続きを読む

金時山

久しぶりの山道。 夏の間に鈍ってしまった体を 何とか動かして歩くものの 頂上に近い道の険しさに 足がなかなか前へ進まない。 登り道ばかりだから!と心の中では不満が! 山道だから当たり前のことにも腹が立つ。 その罪深さを山…

続きを読む

識別

「親しき中にも礼儀あり」という言葉がある。 各々の人格を尊重するようにということ。 王様が、国のためにと思っても、 預言者の領域を侵してはならない。 仲の良い夫婦こそ 二人の間には礼儀が守られている。 子どものことを大切…

続きを読む

私の王

(夕日に映った富士山 9月12日)   聖書は王制を否定する。 神さまは、王が民を自分の奴隷のように使うことを知っていた。 それで、イスラエルを神政国家にし、 神が預言者を通して治めることを求めておられたのだ。…

続きを読む

祈り

ある人が献身の思いを抱いて祈っていた。 修道院で、何日も一人で祈っていると、寂しくなり、 主の僕の道がこんなに寂しい道なら、いっそうやめよう、 もう耐えられない、そう思って心が暗くなってきたとき、 窓の外から人の声が聞こ…

続きを読む

中秋の名月

真丸いお月様がきれいに登ってきた。 今日は中秋の名月。 太陽暦で、8月15日。 十五夜、または「芋名月」と呼ばれる。 平安時代に「お月見」、「望月」という月を見る風習が 中国から日本の貴族社会に入ってきて、 「月見の宴」…

続きを読む