Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

家族

私がイエスの家族であると信じようとするとき不安が横切る。 イエスの家族としての果たすべきことを果たしていないという思があるからだ。 イエスの家族として果たすべきこととは、平和を造り上げること。 つまり、隣人を愛することに…

続きを読む

命を奪われた幼子の日

救い主として生まれたイエスを探して殺すために、 ヘロデ王はベツレヘムとその周辺一帯にる二歳以下の男の子を皆殺した。 イエスは、天使の助けを得てエジプトに逃れて助かった。 毎年、この日、この個所に出会う度に、どう受け止めた…

続きを読む

ヴィッテンベルグより

土曜日、ヴィッテンベルグに雪が降った。 インドやアフリカから参加したビショップたちが喜ぶかと思うと、 美しさより寒くない方がいいと言う。 なるほど、現実はそうだよな。 私も寒くて体調を崩したりしているのだから。 &nbs…

続きを読む

スイスより③

教会の成長のために必要なこと、 教会が本当に必要としているものとは何か。 教会にユースが入ってこない理由は何か。 教会が成長するためにはユースが必要、 そのためには教会はどのようにふるまうべきか。 最後には、牧師たちの霊…

続きを読む

スイスより ②

今日からリトリートが始まった。 すべてが英語で行われるので、とてもハードと感じる。 午後3時が過ぎると頭が回らない。 まだ一日しか終わってないのに・・・ 泊まっているところは、Bosseyという所。 (本館) &nbsp…

続きを読む

ジュネーブより

無事にジュネーブに着。 日本との時差は8時間遅い。 羽田空港22時55分発のターキッシュエアラインに載って 13時間後に、イスタンブール空港に着き、乗り換えた。     イースタンブル空港は世界の窓と…

続きを読む

孤独の裏側

一人ぼっちだから孤独なのだと、 多くの人はそう考える。 誰も傍にいてくれないし、 自分の気持ちをわかってくれない、 だから自分は一人ぼっちで、孤独なのだと。     さあ、一人ぼっちで時間の余裕がある…

続きを読む

出逢い

所有していたものを失ったとき、 けっこうショックを受ける。 奪い取った人を憎んだり、 失う状況を作った相手を非難したりする。 物だけでなく、人との関係においても、 長く付き合った人と別れた時の悲しみは大きい。 &nbsp…

続きを読む

平和

今日も日が暮れ、夜の闇が四方を覆ってきた。 今宵、 すべての人に神さまの平和が行き渡りますように、 明日への希望を抱いて夜を過ごすことができますように、 戦争している国々の人々にも主の平和が届きますように。  …

続きを読む

運動会

夜はお月様が寝ないで晴れることを祈り 昼は太陽と風が運動会を応援し、 多くの人々に支えられながら 子どもたちは練習してきたものを披露しれくれた。   年長組のリレー 仲間のために一所懸命に走る姿に 感動の涙を流…

続きを読む