Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

言葉

言葉が溢れている、というより文字が氾濫している。 本来、言葉は力を有しているもの。 神は言葉をもって創造なさった。 「光あれ」と言われると光は現れた。 同じように、人の言葉も人を生かし、そして殺す場合もある。 ^^^^^…

続きを読む

表と裏

風吹けば、葉っぱの裏もひっくり返され 隠れている虫や病気も吹っ飛ばされる。 雪降れば、輝いていた表も隠れ ついに、凍え朽ちゆく。 知恵とは、その表と裏の両方を見る心をもつことか。 (雨と風と雪の日) ^^^^^^^^^^…

続きを読む

最も重い病は、 心の扉を閉めてしまうこと。 わたしが孤独と思うのは、 傍にだれもいないからではなく、 心の扉を閉じているから。 ~~~~~~~~~~~~ 「医者を必要とするのは、健康な人ではなく病人である。 私が来たのは…

続きを読む

秘められたこと

あるところでお坊さんたちが修行をしていた。 食事はシンプルで、時々お昼に蒸した蛙がのったご飯が出てくる。 修行を始めたばかりのお坊さんたちは、何とか大きい蛙を選ぶことに必死。 ところが、かれらは蛙が大きく見えた理由を知ら…

続きを読む

はい!

キリストに従って歩いてゆくとき、 キリストのこの言葉に驚いてはなりません。 「だれでも鋤に手をかけてから後ろを振り返ってはならない」(ルカ9:62)。 それは、憎しみや絶望や、神へのまったき「はい」を蝕むあらゆるものを、…

続きを読む

自分らしく

「がまんしないで 赤ちゃんみたいに泣いてもいいよ」 (晴佐久昌英)

続きを読む

立春

気温が一桁なのにもう春を感じる。 冷たい風の中に、春の温もりが混じっている。 きっと、土の中の命たちの一所懸命さが、 その情熱が地面の上に漂ってきて、 梅や桃にも花を咲かせている。 命ってすごいな! 神さまも春は忙しそう…

続きを読む

節分

歩道にまで並び出した美味しそうな恵方巻。 その両サイドでえばって立っている青鬼と赤鬼。 恵方巻を守るために? 今日は節分。 「鬼は外  福は内!」と叫ばれ、追い出されて、 それで、恵方巻を守るためにではなく、狙うために …

続きを読む

目覚め

寒い朝は目を覚ましていても布団から出るのが遅くなる。この日も暖かい布団の中でトイレに行くのを我慢していた。その時、猫が枕にまで飛び上がって来て、大きな声で鳴く。猫語でも「早く起きなさい!」との叱りの言葉であることがわかる…

続きを読む

パン種

昨年のクリスマスに、サンタからもらったパン焼き機でパンを焼いた。初作品。ところが、全く膨らまず、お餅のようなぺたんこで変な形の固いパンができた。強力粉と全粒粉を半々に計って入れて、他の材料も決まった通りに入れたのに、どう…

続きを読む