Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

単純素朴さ

信仰のことを複雑に考えるあまり、教会に足を踏み入れることを躊躇する人がいる。更には、神がいることさえ否定するように至るケースもある。 しかし、信じることとは、いつの時代の人にとっても、単純なことである。死者の復活を、ただ…

続きを読む

励み

昨年、ルターハウスで取れた玉ねぎを、小さいからという理由で相手にされていなかったので鵠沼へ連れ帰り、まだ使われないで残っているものの中から芽が出てしまった。コップに入れて根があたるところに水を入れてあげたら、ずんずん伸び…

続きを読む

回復

本来のあるべき姿が歪められてしまうのは、神さまの創造の秩序に反すること。 その理由が病気であれ、事故であれ。 差別概念からであるならなおさらのこと。 一人の女性が熱を出して寝込んでいた。 イエスさまは彼女を癒してくださっ…

続きを読む

謙遜

朝、ベランダから見えた富士山。 ちょうど白い部分に朝の光が当たっていて、これから新しい始まり! ところが、夕方には ↓ 山の色が失せて、空との区別がほとんどつかない。 それは、山の下に暮らす人々の疲れを吸い取ってくれたか…

続きを読む

気づき

他人を造り上げるような対話ができれば、どんなにいいだろう。 そのためには、自分の中の排他的な価値観に気づくこと、 競争心・嫉妬・優劣感・自己卑下・固定観念等々。 小さなものでも気づくことによって、まず自分自身が錬られなけ…

続きを読む

主を囲んで

キリスト教一致祈祷週間 「幼子は母マリアとともにおられた。彼らはひれ伏して拝み」 (マタイ2:11) (第6日目の祈り) 憐れみ深い神よ、 あなたは目の見えないわたしたちに、 ご自分が救い主であることを見抜く力を与えてく…

続きを読む

いつも一緒

人の言葉に心がくじけそうになったとき、 キリストは、 自然界の木々や鳥、風や太陽の光を通して、 あなたと一緒と言ってくださる。 一人ぼっちだと寂しく心を閉ざそうとする私に、 寒い夜空に欠けつつ出ている月も 大きな顔で笑っ…

続きを読む

永遠のとき

一人でいる時間は、祈るために良いときであり、 大勢と一緒にいる時間は、交わりのための良いときである。 食べる物がないときは、体が休みのとき、 食べ物が多くあるときは、分かち合うことができるとき。 人々に非難されるときは、…

続きを読む

甘い

食べてはならないと言われると、もっと食べたくなる、甘いもの。 食べてはならないときにこそ贈られてくる、甘いもの。 いけないと知っていながら、律法を犯して 一口、二口・・・ 人に害を与えるようなことはしないけれど、 自分に…

続きを読む

古いものが良い

いつもの朝のルーティンに、朝の日が出る頃30分歩くことを加えた。 出てみると、いつも歩く境川沿いの道が、シーンとして外国のよう。 新鮮な空気と程よい冷たさと雲の間から顔を出した太陽の語りかけに、うっとり! 30分の散歩が…

続きを読む