Home » 牧師室
牧師室

牧師室

梁熙梅牧師

わたしは、2020年(令和2年) 4月に就任した牧師の梁 熙梅(やん ひめ)と申します。
この新しい時代を湘南・鵠沼の皆さんと一緒に生きるようにと、神さまは、潮風薫るこの良き地を選びわたしに与えられたと思っています。

“with コロナ時代”と言われる現代において、キリスト教会の福音宣教はコロナとともに進め、わたしたち一人ひとりの生活も免疫力をアップし、より健康に生きることが求められています。まさに長寿・長命の恵みですね。
今から約2000年前、イエス・キリストの時代にも、たくさんの病(やまい)がありました。神のみ子イエスさまご自身は、癒しの賜物を持っておられたので、人々の病を癒すことがおできになりました。

その当時と異なり、現代では、イエスさまのように直接、癒しを施すことはできませんが、教会には癒しの賜物が与えられています。それは、現代病ともいわれるストレス、自己嫌悪や自責の念を背負って生きる人々に、「もう重荷を下ろしていい」と宣言される癒しの賜物と赦しに他なりません。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイによる福音書11章28節)。
イエス・キリストは、教会を通して、すべての人に招きのみ手を差し伸べておられます。さあ、あなたも、あなたのご家族も、イエス・キリストの招きに応えて、ご一緒にゆるしの賜物と救いをいただきませんか。

生きる知恵

自分をつくっている場合が多い。人のために働く自分、神さまに愛される自分、周りの人に褒められる自分、世界の平和のために人類の幸福のための生き方をしようと自分をつくる。今年こそと思っているかもしれない。しかし、本当に自分を生…

続きを読む

主の教え

「わが子よ、わたしの教えを忘れるな。わたしの戒めを心に納めよ。そうすれば、命の年月、生涯の日々は増し平和が与えられるであろう。 慈しみとまことがあなたを離れないようにせよ。それらを首に結び心の中の板に書き記すがよい。そう…

続きを読む

上からの知恵

主を畏れることは知恵の初め。主を畏れるということは、神に対しても、私自身に対しても、他者に対しても、偽りがなくシンプルである。偽りの道は、妬みがあり、利己的であり、自慢する道である。そこからは知恵は生まれず、より複雑な関…

続きを読む

主の命名日

明けましておめでとうございます。新しい年が始まりました。そして今日はイエス・キリストの命名日。生まれて八日目に割礼を受けられ、イエスと名付けられた。新しい年の始まりがイエスさまの命名日となっていることは素晴らしい。イエス…

続きを読む

知恵

2020年。多事多難だった一年だった。新型コロナによって日常が一変し、そのまま新しい年を迎えようとしている。静かに寄り添って人の暮らしを変え、許可もなしで世界の国境を越えて人々の尊い命を奪い、変容と猛威を表すことによって…

続きを読む

感謝のうちに

終わりは新しい始まりと共に来る。昼が夜と共にあるように。快楽と苦しみが共にあるように。大勢の命を奪い、大きな悲しみを抱かせた2020年があと二日を残している。たった二日の間にも、世界のどこかでは、大切な者の喪失のゆえに多…

続きを読む

血肉ではなく

コロナ禍の中、家は仕事場になり、学校になり、遊びの場にもなった。仕事と私生活が区別できなくなってきた。自由に働いていた時には、時間がないから家族間のコミュニケーションが取れないと、対話が少なくなっている理由をあげていた。…

続きを読む

命を奪われた幼子の日

ヘロデ王は生まれた救い主を殺すために、ベツレヘムとその周辺一帯の二歳児以下の男の子をすべて殺した。救い主一家はすでにエジプトの方へ逃れた後だった。権力に頼る人は、権力を守るためだったら、どんなことでもする。嘘をつき、同僚…

続きを読む

御翼の陰に

神は、人間がご自分を理解できるようにと、貧しい者の一人として、身分の低い、砕かれた者の姿でキリストを送られました。もしキリスト・イエスがわたしたちの中に住まわれなかったら、神は依然としてわたしたちにとって遠く離れた存在で…

続きを読む

聖なる日に

キリスト、すべての命の救い主。 あなたはいつもわたしたちのところへ来られます。 あなたをお迎えします。 夜の平和のうちに。 昼の静けさのうちに。 創造の美しさのうちに。 激しい内なる葛藤のうちに。 あなたをお迎えするとは…

続きを読む