牧師室

一息

たまには一息しようではないか。 競争社会の中で時間に追われ、 人にどう見られているかを常に意識し、 空気が抜けたタイヤのようになった自分に、 新鮮な空気を入れてあげよう。 スマホのスイッチを切って、 あたまのスイッチも切…

続きを読む

分かち合いは割り算

私に与えられた賜物を隣人と分かち合う 私が好きな食べ物を、空腹の人と分かち合う 私が欲しかったものを、貧しい人々と分かち合う 私自身をそのまま大きな力に委ねてしまう。 そのときに、 私の空腹がが満たされ、 私の欲望が幸い…

続きを読む

祈りは引き算

足すことと引くことがバランスよくあるとき その人の中には幸いが宿る。 医学的には、 交感神経と副交感神経が仲良く、 自律神経が安心して、平安の中に働くこと。 そのとき、その人は、 周りの人にも肯定のエネルギーを分かち合え…

続きを読む

本気

  早い朝、窓からそっと入ってきて香るキンモクセイの香り、 招いたわけでもなく、欲しいと思ったこともない。 しかし、その香りに、私は癒されて、朝の心は満腹。 さりげなく静かに入ってきて、人の人の五感を刺激し、 …

続きを読む

徹夜

9月の最後の日。 今月、すべきことはしたのだろうか。 してはならないことをしたりはしなかったのだろうか。 もし、おろそかにしたこと、やり残したことがあるなら、 今晩こそ、やり直しの最後のチャンス! 今晩は徹夜だ! 久しぶ…

続きを読む

神の子

「網の目に風溜まらず」ということわざがある。 報われもしないことに情熱を注ぐという意味。 それは、神さまが私に対して愛することを止めない姿。 どんなに愛を注いでくださっても、それに気づかない自分。 それでも、神さまは愛す…

続きを読む

幸いな者

人はみな悩みがある。 悩みのない人はいない。 今日出あった一人一人もみな悩みをもっていた。 そしてみな、その悩みから解放されたいと思っている。 本当は、悩みのすぐ裏側に安心できる平安があるのに、 私も悩みに陥っている時は…

続きを読む

ご苦労さま!

聖書通読、 今日、新約聖書が読み終わった! 順調について呼んでこられた方、ご苦労さまです。 もし、できなかったと悔いておられる方、 これからでも遅くありません。 いっしょにがんばって読みましょう。 始めるときがいちばん早…

続きを読む

心の扉

心がノックされている音が聞こえない。 あれこれと雑音に紛らわされて、ずっと遠い、 どこか違う人の、知らない人の家をノックして いるような音としてしか聞こえない。 ノックしているのは最も近くにいる家族だったり、 毎日一緒に…

続きを読む

回心

お金「富」は人の頭をどんどん固くさせる。 「概念」も人の頭を固くさせる。 ~主義的イデオロギーも人の頭を固くさせる。 これらは子どもにはないもの。 子どものようにならなければ、柔らかい頭にはならない。 子どものようになっ…

続きを読む