Home » みことば » 日曜礼拝・説教
みことば

日曜礼拝・説教

役にただない僕

2022年10月3日

ルカによる福音書17章5~10節 役に立たない僕 以前、自分はどれだけ働いているのだろうと、自分の仕事の数を数えるときがありました。すると、必ずと言えるほど、心の中に不満が積もります。あの人はあれしかやっていないと人と自…

続きを読む

今、あなたの心はどこに?

2022年9月26日

ルカによる福音書16章19~31節 今、あなたの心はどこに? 慈しみ深い神さまと主イエス・キリストからの恵みと平安が、今日ここに招かれた皆さまの上に豊かにありますように、アーメン。 「ある金持ちがいた」と本日の福音書は書…

続きを読む

2022年9月12日

喜びが天にある ルカ15章1-10節 信徒説教(竹内章浩) わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安があなたがたにあるように。アーメン 1.はじめに 本日の九十九匹の羊と一匹の羊、有名な聖書箇所です。私は教…

続きを読む

断捨離

2022年9月4日

ルカによる福音書14章25~33節 断捨離 いっとき、「断捨離」という言葉が流行りました。「断捨離」という言葉をウィキペディアで調べたら、「不要な物を「断ち」「捨て」、物への執着から「離れる」という意味を表す、整理法の一…

続きを読む

イエス、私の座す場

2022年8月28日

ルカによる福音書14章1節、7~14節 イエス、私の座す場 鵠沼海岸の商店街には「シネコヤ」という小さな映画館がありますが、そこは私の休日を豊かにしてくれる所です。小さくて少人数しか入れない映画館の中には本がたくさんあっ…

続きを読む

鷲のような若さを

2022年8月21日

ルカによる福音書13章10~17節 鷲のような若さを 人は一生涯の内に三回歳をとるそうです。一回目は三十四歳の時、二回目は六十歳の時、三回目は七十八歳のときです。私は来年の四月になると六十歳になるので、二回目の歳を取るこ…

続きを読む

美しさを見る目

2022年8月7日

ルカによる福音書12章32~40節 美しさを見る目 8月15日は日本にとっては敗戦日ですが、韓国にとっては、日本の植民地からの復帰をお祝いする光復節であるために、私の心は複雑になります。段々と、加害者、被害者の枠組みを越…

続きを読む

自分の魂

2022年7月31日

自分の魂 (ルカによる福音書12章13~21節) 説教  加部佳治 (鵠沼めぐみルーテル教会信徒) 私たちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安が、あなたがたにあるように。 アーメン。 「あらゆる貪欲に気をつけ、…

続きを読む

私から私たちへ

2022年7月24日

ルカによる福音書11章1~13節 私から私たちへ 雨で湿度が高かったり、突然猛暑日が訪れたり、天気と付き合うのが難しいくらい、私たちは、変化の激しい7月を過ごしています。昨日の朝からセミの鳴き声が聞こえて、やっと夏が訪れ…

続きを読む

必要なことはただ一つ

2022年7月18日

ルカによる福音書10章38~42節 必要なことはただ一つ アブラハムは、自分たちの住まいの近くを通りかかった旅人を家に迎え、もてなしました。足を洗う水を出し、上質の粉でパン菓子を焼いて、柔らかい子牛を屠って食事を準備し、…

続きを読む