Japan Lutheran Church

Japan Lutheran Church

日本ルーテル教団

日本ルーテル教団第17 回 定期総会のお知らせ

2017.5.1

―ルター宗教改革500 年―

日本ルーテル教団第17 回 定期総会

総会準備委員長 藤木 智広

 

総会テーマ

「受けるよりは与える方が幸いである。」使徒言行録20 章35 節

『キリスト者は祭司であり、すべてのものに仕える僕』

―私たちの改革、宗教改革500 年からの前進―

主のみ名を賛美いたします。今年の5 月1 日(月)から3 日(水)まで、国立オリンピック記念青少年総合センターと東京ルーテルセンター教会で日本ルーテル教団第17 回の定期総会が執り行なわれます。

折しも今年は宗教改革500 周年の年なので、最終日にあたる三日目に総会の閉会礼拝として、宗教改革500 年記念礼拝をセンター教会の礼拝堂で執り行います。この記念礼拝までが今期の総会プログラムとなります。

主な議題は、今期三年間の宣教指針の発案と教団役員等における教団人事の改選、及びLCMS との宣教協力議案書についての経緯と新たな取り交わしについてです。

この教団総会に代議員として登録し、ご出席くださる皆さま、報告者の皆さま、国内、海外から来賓としてお越しくださる皆様、他準備に携われる方や、総会当日ご奉仕くださる方に感謝申し上げます。テーマの副題にありますように、この宗教改革500 年からの前進に向けて、NRK が神様の御心と御言葉によって新しく変えられていき(改革されていき)、一人ひとりの賜物を用いて、世に向けて福音を大胆に宣べ伝え、キリストを証ししていくことができるように願います。そして、その教会作りのための大きな一歩となることができるように、この総会に強い期待を抱きつつ、開催に向けて準備をさせていただきたいと思います。至らぬ点もあり、ご迷惑をおかけしてしまうこともたくさんあるかと思いますが、この教団総会を覚えてお祈りいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

熊本地震義援金ご協力のお願い

2016.4.29

日本ルーテル教団

議長 清水 臣

+ 主の平和

みなさまにおかれましては主のお支えのもと、ご聖務にお励みのことと存じます。

さて、連日報道を通し伝えられておりますように、4月14日より熊本から大分を震源とする大規模な地震が続けて起こっており、大勢の方々が被災され痛みや苦しみを負っておられます。九州には、姉妹教会である日本福音ルーテル教会(JELC)の教会・学校・施設等が多くあり、教会関係の皆さまも多く被災され、また建物の被害も報告されています。

私どもは何よりも被災され困難の中にある方々に、主なる神の慰めと守り、癒しと支えとを心よりお祈りいたします。

教団では、各教会及び関係するみなさまに義援金の呼びかけをすることといたしました。みなさまからの義援金は、日本福音ルーテル教会(九州教区対策本部)を通じて、被災地救援の働きにあてられます。さしあたって、教団より50万円を送金いたします。どうぞ皆さま、被災された方たちとまた救援活動に携わる人たちのことを覚えて、お祈りとご協力をお願い申し上げます。

*被災地の状況や支援活動の様子等については、以下をご覧ください。

「熊本地震 日本福音ルーテル教会九州教区対策本部」(フェイスブック・ページ)

義援金は下記に送金をお願いいたします。

郵便振込:NO.00180-0-132779

加入者名:日本ルーテル教団

通信欄に「熊本地震支援」と明記ください。

みなさまの上に主なる神の恵みが豊かにありますようお祈りいたします。

主にありて

「一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分です。」(コリントの信徒への手紙一12章26,27節)

ドレスデン・フィルハーモニック児童合唱団のコンサートが恵みのうちに終了しました!

2015.10.16

お集まりいただいた皆さま、このコンサートのために尽力いただいた

ドイツ連邦共和国外務省、東京ドイツ文化センターはじめ多くの皆さま

そして何より合唱団の皆さまに感謝申し上げます。

まさにすべてが主の恵みでした。

合唱表現のレベルの高さもさることながら

ひたむきに取り組む少年少女のハートが伝わり、感動しました。

来場された方々は、おそらく豊かに満たされた思いになられたことと思います。

タイトな来日スケジュールの中「教会で歌いたい」との彼らの熱意が二夜にわたるコンサートを実現させてくれ、私たちに幸いな時を与えてくれました。

重ねて合唱団の皆さまに感謝いたします。

私たち東京ルーテルセンター教会にとりましても2017年に迎える宗教改革500年の前祝いのように、主から祝された心持ちとなりました。

今回、予定されていながら来場できなかった方々や関心を持ってくださった方々にも御礼申し上げます。

次の機会に出会えることを期待しつつ皆さまへの主の恵みをお祈りしています。

ドレスデンフィルハーモニック児童合唱団の今後の活動がさらに豊かに祝福されますように。

感謝。

東京ルーテルセンター教会

ドレスデン・フィルハーモニック児童合唱団

東京ルーテルセンター教会でコンサート開催!!

2015.09.26

ドレスデン・フィルハーモニック児童合唱団は1967年当時ドレスデン・フィルハーモニックの首席指揮者であったクルト・マズア氏の提唱で創設され、現在ではドイツで最も有名な児童合唱団の一つとされます。

10月14日(水)

開場:17時30分|開演:18時

10月15日(木)

開場:18時30分|開演:19時

入場無料

ただし合唱団の活動資金として募金の呼びかけがあります。

入場整理券応募方法

応募はメールのみにて受け付けます。

あなたの郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号・メールアドレスならびに、14日か15日いずれの日を希望されるか、また何名分ご希望か(4名まで)を明記のうえ、下記のメールアドレスにてお申し込みください。

concert.tlcc@gmail.com

応募締め切り

14日15両合わせて150名定員になり次第受付受付終了。

お問い合わせ

03-3264-1989 東京ルーテルセンター教会

助成 ドイツ連邦共和国外務省

協力 東京ドイツ文化センター

NRKのエンブレムが決まりました。

2015.09.25

 宗教改革500年を迎えるNRKのエンブレムが決まりました。

 このエンブレムをデザインしたのはセンター教会員の斎藤緑姉です。委員会が姉にデザインを依頼しました。斎藤姉がこのエンブレムに込めた思いとは、「ルターの宗教改革から500年の時を経て、東の国のこの日本に、イエスさまが一人ひとりに臨んでくださっていることを知らせてくれた喜びを現したい。ルターの薔薇の紋章を筆のタッチで再構成しました。東の国に500年の時を経て、ルターの新しい息吹が息づいています。」というものでした。日本的な筆のタッチが私たちの宗教改革であることを印象づけてくれるものとなっています。姉の労に感謝します。

 今後、このエンブレムをさまざまなところで用いて2017年の記念すべき節目を迎えたいと思います。

 今回決まったNRKの宗教改革500年エンブレムをどうぞ愛し改革の喜びを共有していただければと思います。

Copyright © 2011 TOKIE All rights reserved.

〒102-0071 東京都千代田区富士見1-2-32

TEL:03-3261-5266~8 | FAX:03-3262-7759 | Email:nrktokyo@jlc.or.jp